オットー・クレンペラー / ベートーヴェン:交響曲全集【輸入盤】

オットー・クレンペラー / ベートーヴェン:交響曲全集【輸入盤】

輸入商品

BEETHOVEN 2020

オットー・クレンペラー / ベートーヴェン:交響曲全集【輸入盤】

¥1,900(税込)

発売日 2012/10/29

販売期間 2020/11/18 10:00

クレンペラー指揮によるベートーヴェン:交響曲全集と序曲集に加え、数々の別録音も収録
ベートーヴェンの交響曲全集は、クレンペラーの代表作として知られるもので、序曲その他を含め、遅めのテンポで壮大な世界を構築したユニークな名演の数々を味わえます。クレンペラーのベートーヴェン演奏は、パート・バランスを常に適切に保つことで、情報量が非常に多いものになっているのが特徴であり、さらに目立った特質として、フレーズの形を完璧に維持し、拍も厳格に守ることで、独特の堅牢なスタイルを構築している点が挙げられます。
クレンペラーは、当時の指揮者の常として、楽譜に隠し味的な変更を加えていることはインタビューでも言及していましたが、60年録音の第7番冒頭ではヴァイオリン・セクションをオクターヴ上げするなどかなり思い切ったこともしていました。
また、これはクレンペラー録音全般に言えることですが、楽器配置がヴァイオリン両翼型ということで、木管楽器重視のクレンペラーの嗜好がさらに活かされることとなり、各パートが立体的に交差する情報量の多さが、独特な音響創出に繋がっています。交響曲第9番第2楽章など実に鋭くユニークです。

※直輸入盤商品につき、日本語による解説、歌詞対訳はついておりません。
【収録情報】
Disc1
ベートーヴェン:
1. 交響曲第1番ハ長調 op.21
2. 交響曲第6番ヘ長調 op.68『田園』
フィルハーモニア管弦楽団
録音:1957年10月 ステレオ

Disc2
1. 交響曲第2番ニ長調 op.36
2. 交響曲第5番ハ短調 op.67『運命』
フィルハーモニア管弦楽団
録音:1957年10月(1)、1959年10月(2) ステレオ

Disc3
1. 交響曲第3番変ホ長調 op.55『英雄』
2. 大フーガ op.133
フィルハーモニア管弦楽団
録音:1959年10,11月(1)、1956年3月(2) ステレオ

Disc4
1. 交響曲第4番ロ短調 op.60
2. 交響曲第7番イ長調 op.92
フィルハーモニア管弦楽団
録音:1957年10月(1)、1960年10月(2) ステレオ

Disc5
1. 交響曲第8番ヘ長調 op.93
2. 『レオノーレ』序曲第1番 op.138
3. 『レオノーレ』序曲第2番 op.72
4. 『レオノーレ』序曲第3番 op.72a
5. 序曲『コリオラン』 op.62
フィルハーモニア管弦楽団
録音:1957年10月(1,5)、1963年11月(2-4) ステレオ

Disc6
・交響曲第9番二短調 op.125『合唱』
オーセ・ノルドモ・レーヴベリ(ソプラノ)
クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
ヴァルデマール・クメント(テノール)
ハンス・ホッター(バス・バリトン)
フィルハーモニア管弦楽団&合唱団
録音:1957年10,11月 ステレオ

Disc7
1. 交響曲第3番変ホ長調 op.55『英雄』
2. 『レオノーレ』序曲第1番 op.138
3. 『レオノーレ』序曲第2番 op.72
フィルハーモニア管弦楽団
録音:1955年12月(1)、1954年11月(2,3) モノラル

Disc8
1. 交響曲第5番ハ短調 op.67『運命』
2. 交響曲第7番イ長調 op.92
フィルハーモニア管弦楽団
録音:1955年10月、12月 モノラル:1、ステレオ:2

Disc9
1. 『レオノーレ』序曲第3番 op.72a (録音:1954年11月 モノラル)
2. 『フィデリオ』序曲 op.72b(録音:1954年11月 モノラル)
3. 序曲『献堂式』 op.124 (録音:1956年7月 ステレオ)
4. 『プロメテウスの創造物』序曲(録音:1957年11月 ステレオ)
5. 『エグモント』序曲(録音:1957年11月 ステレオ)
6. 『エグモント』~クレールヒェンの歌(録音:1957年11月 ステレオ)
7. 『エグモント』~クレールヒェンの死(録音:1957年11月 ステレオ)
8. 『エグモント』~太鼓は響く(録音:1957年11月 ステレオ)
9. 『シュテファン王』序曲(録音:1959年10月 ステレオ)
10. 序曲『献堂式』 op.124(録音:1959年10月 ステレオ)
ビルギット・ニルソン(ソプラノ:6,8)
フィルハーモニア管弦楽団

Disc10
1. 『フィデリオ』序曲 op.72b(録音:1962年2月 ステレオ)
2. 交響曲第7番イ長調 op.92(録音:1968年10月 ステレオ)
3. 『プロメテウスの創造物』序曲(録音:1969年10月 ステレオ)
4. 『プロメテウスの創造物』~アダージョ-アンダンテ(録音:1969年10月 ステレオ)
5. 『プロメテウスの創造物』~フィナーレ(録音:1969年10月 ステレオ)
フィルハーモニア管弦楽団(1)
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団(2-5)

【演奏】オットー・クレンペラー(指揮)
【輸入盤/輸入アナログ盤に関するご注意】
※発売日は変更となる可能性がございます。
※輸入商品のため、入荷時点で外装箱やジャケットなどに、細かい傷、折れ、擦れ、へこみ、汚れ・角潰れなどがある可能性がございます。
※発売元や輸入流通事情など様々な理由により、商品のお届けに時間がかかる場合がございます。また諸事情により、商品の提供が出来なくなる場合がございます。
あらかじめご理解の上、ご購入いただけますようお願い申し上げます。

MORE FROM THIS ARTIST関連商品